コラム|金沢八景の歯医者・歯科【金沢八景あらかわ歯科クリニック】

 
9:30~13:00 / /
14:30~19:30 / /

最終受付は30分前まで
休診日:木・日
★土曜、祝日午後は18:00まで

コロナウイルス感染予防のため、当面の間、
診療開始時間を10時からにいたします。

tel.045-349-5515

〒236-0027
神奈川県横浜市金沢区瀬戸19-14
金沢八景金井ビル1-B

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

むし歯や歯周病を予防するためにできること

みなさん、こんにちは!金沢八景あらかわ歯科クリニックです。

 

厚生労働省調査によると、30代以上の3人に2人が歯周病にかかっていると言われています。

また別の調査では、35〜49歳の歯周病になっている人のうち、7割の人は自覚がないということもわかっています。

 

今回は、歯周病の予防法についてご説明いたします。

 

歯を失う原因1位は歯周病

 

皆さんは、日本人が歯を失う理由で一番多いのは何だと思いますか?

多くの方が、加齢やむし歯が原因だと考えますが、実は「歯周病」が1位なのです。

歯を失うのには年齢は関係なく、いちばんメジャーなお口のトラブル・むし歯より多いことで「国民病」と呼ばれるゆえんとなっています。

 

ご家庭で行う予防ケア

 

むし歯や歯周病予防には、毎日の「適切な歯磨き」がとても重要です。 ですが、人によってお口の環境や歯並びはさまざま。 ただ磨くだけではなく、その方のお口に合った磨き方、歯ブラシの選び方も大切になります。

 

むし歯と歯周病、どちらの原因ともなるプラークを除去するためには、「歯周ポケット」を意識して磨く必要があります。

 

まずは歯と歯ぐきの境目に45度の角度でハブラシを当てます。ハブラシを当てたら、軽い力で小刻みに動かして1本ずつ磨きましょう。特に奥の歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にはプラークがたまりやすいので、丁寧にブラッシングしましょう。

 

また、予防に効果的な道具も取り入れましょう。

歯磨き剤は、プラークを殺菌する作用のある成分が含まれた「薬用ハミガキ」がおすすめです。歯ブラシのほかに、歯間ブラシやデンタルフロスも併用すると、歯と歯の間まできれいになります。

 

歯科医院で行うプロケア

 

どんなに毎日しっかりと歯磨きをしていても、プラークを完全に落とし切ることは不可能です。

また、プラークは放置しておくと歯石になってしまいます。そこで、定期的に歯科医院でプロによるクリーニングを受ける必要があります。

 

歯科医院では、むし歯や歯周病の進行度の確認や、プロによるクリーニングで徹底的なプラーク・歯石の除去、歯周病の初期症状である歯ぐきの炎症がみられる場合には、消毒による消炎処置を行います。

歯周病がある程度進んでいる場合はこれを何度か繰り返すことになり、重症化している場合には外科的処置も必要になってきます。また、毎日の歯磨きが治療にも予防にも重要ですので、歯並びに合わせたブラッシング方法をアドバイスさせていただきます。

 

一度むし歯や歯周病が良くなっても、プラークは時間が経つとまた付着していきます。プラークになるのを防ぐためにも、定期的に歯科医院を受診することが、再発防止や予防に役立ちます。

 

まとめ

 

むし歯や歯周病を防ぐためには、正しい歯磨きでプラークを取り除くことのほか、定期的に歯科検診を受ける、正しい生活習慣などが効果的です。

 

また、もしむし歯歯周病にかかってしまったとしても、初期であれば簡単に治療することが可能です。

 

これらを心がけてお口のトラブルを予防し、お口と身体の健康を守りましょう。